鬱でお悩みの方へ…良いお薬があります。

うつ病で悩んでいる方に「プロザック」という薬を紹介致します。 - プロザックの注意事項

プロザックの注意事項

プロザックは副作用が少ないと言っても、全くない訳ではありません。
例えば副作用で頭痛がするから、頭痛を治すために市販の鎮痛剤を飲もうと思うかもしれません。
しかしプロザックを飲んでいる場合、薬には飲み合わせが存在し、併用が禁止されている薬もあるため、
必ず飲もうとしている薬を飲んでも問題がないのか確認した上で飲む習慣をつけて下さい。

プロザックと併用が禁止されている薬

ではプロザックと併用が禁止されている薬を紹介します。
まず、プロザックはセロトニンの再取り込みを阻害する働きがあります。
そのため脳内でセロトニン濃度が高くなり、うつ病の症状が改善します。

しかしながら、セロトニン濃度が高まるとセロトニン症候群と呼ばれる症状が出る可能性があるため、絶対にパーキンソン病に処方されているセレギリンという薬を併用してはいけません。

それ以外にもそれぞれ理由が異なりますが、塩酸チオリダジンやピモジト、モノアミン酸化酵素阻害薬なども併用してはいけない薬として挙げられます。

またこれ以外の薬であっても飲み合わせがよくない薬は存在しています。
そのためどんな薬であっても、まずは事前に医師にプロザックと併用しても大丈夫かどうか確認してください。同様な理由で薬だけでなく、サプリメントも配合成分にも注意が必要です。

プロザックとアルコールについて

プロザックを服用している場合、アルコールも控えるようにして下さい。
なぜアルコールを控えなければいけないのかというと、アルコールを摂取していると副作用が出やすくなる傾向があるためです。

また普段はアルコールが強い人であっても、プロザックを服用してアルコールを飲むと少量でも記憶が飛ぶというケースが報告されています。

それにアルコールを飲むと通常時でも理性が働きにくくなり、衝動的になってしまいますよね。
うつ病が完治していない状態で、アルコールを飲んでしまうと自殺衝動が高まってしまう可能性もあるので、非常に危険です。なので完治するまではアルコールは控えましょう。

関連する記事

ページ上に戻る