鬱でお悩みの方へ…良いお薬があります。

うつ病で悩んでいる方に「プロザック」という薬を紹介致します。 - プロザックは効果があって扱いやすい

プロザックは効果があって扱いやすい

プロザックとは、選択的セロトニン再取り込み阻害薬(SSRI)に属する抗うつ剤です。
アメリかで開発された薬で、1988年に発売されたため、すでにジェネリック医薬品も存在しています。
ではプロザックがどのような特徴のある薬なのか紹介していきます。

プロザックの効果について

プロザックは抗うつ剤ですが、うつ病以外にも服用する事で気持ちが安定する効果があるため、強迫性障害、摂食障害、パニック障害などの治療薬としても処方されている薬です。
うつ病の場合は、特に軽度のうつ病に効果があると言われています。

ではなぜ効果があるのかというと、先ほども少し紹介しましたが、セロトニンの再取り込みを阻害するためです。うつ病とは原因はよく分かっていませんが、神経伝達物質であるセロトニンの量が減少してしまう事で、やる気が出なかったり、精神的に不安定な状態になってしまいます。

ですがセロトニンの再取り込みを阻害する事で、結果として脳内のセロトニンの量が増えます。
そのため精神が安定し、やる気が出てうつ病の症状を改善させるという訳です。

また服用後にゆっくり時間をかけて効果が出てくるので、依存性の心配もなく、また服用してから効果が出る期間が1〜2週間前後と他の抗うつ剤と比べると早い点もプロザックの特徴だと言えるでしょう。

プロザックは扱いやすい抗うつ剤

抗うつ剤の中には依存性があったり、離脱症状が出てしまったり、副作用が出てしまうなど、効果が高くても非常に扱いづらい抗うつ剤も少なくありません。
しかしながらプロザックの場合は、依存性も離脱症状もほとんどなく、副作用も他の抗うつ剤と比較すると少ないと言えます。

またジェネリック医薬品も発売されているので、価格もお手頃価格です。
そのため軽度のうつ病患者や、初めて抗うつ剤を処方される患者にはプロザックを処方する医師が多く扱いやすい薬なのです。

関連する記事

ページ上に戻る