鬱でお悩みの方へ…良いお薬があります。

うつ病で悩んでいる方に「プロザック」という薬を紹介致します。 - プロザックは副作用が出ても様子をみて判断

プロザックは副作用が出ても様子をみて判断

うつ病とは気持ちが落ち込み、やる気が出ずに無気力な状態となってしまいます。
心の病気ですが、その症状は心に影響が出るだけでなく、身体にも様々な影響が出ます。
身体に表れる症状は、倦怠感や睡眠障害、頭痛など症状で、ますます気持ちが滅入ってしまうわけです。
そのため一刻も早い改善が望まれると思いますが、抗うつ剤を服用する際に注意が必要な事が副作用です。

プロザックの副作用について

抗うつ剤の中でもプロザックは、比較的副作用が少ない薬として有名です。
しかしそれでも副作用が皆無な訳ではありません。
ではどのような副作用があるのでしょうか?

プロザックの主な副作用として、頭痛やめまい、吐き気などの症状が現れます。
プロザックの場合、服用して効果が実感出来るのは1〜2週間かかります。
副作用は服用してすぐに現れてしまうため、抗うつ剤の効果が実感出来ないのに、副作用だけ出てしまうわけですから、その状況だけ見ると症状は悪化したと感じて、さらに憂鬱な気持ちになってしまうでしょう。

心と身体は大きく影響しますから、身体がしんどいと心もしんどく感じてしまいます。
そのしんどさの度合いが、うつ病の人はより大きいので、余計に副作用を辛く感じてしまうかもしれません。

副作用が出ても服用を続ける事が大事

プロザックを服用して副作用が出てしまった。
だから自分の体質には合わないし、別の抗うつ剤を処方して欲しい、そんなふうに思う人もいるかもしれません。
しかしちょっと待って下さい。

抗うつ剤は副作用の症状が先に表れますが、服用を続けるうちに耐性が出来て、症状は軽減してきます。
そして1〜2週間飲み続ければ、今度はうつ病の症状が改善してくるはずです。
そうすると、心が徐々に元気になってきて、うつ病が原因で現れていた身体の症状も出なくなってくるはずです。
そのためすぐに副作用がある、効果がないと判断せずに様子を見るようにして下さい。

ただし、どうしても副作用が我慢できないほど重度な症状が出るという場合は、我慢せずにすぐ医師に相談しましょう。

関連する記事

ページ上に戻る