鬱でお悩みの方へ…良いお薬があります。

うつ病で悩んでいる方に「プロザック」という薬を紹介致します。 - プロザックは勝手に中断せずに医師に相談する

プロザックは勝手に中断せずに医師に相談する

抗うつ剤であるプロザックは、服用をする時に注意をしなければいけない事があります。
それは下手をすれば、死に至る可能性もあるためです。
もちろんプロザック自体は、副作用も少なく、副作用が出ても頭痛や倦怠感程度で命に関わる症状は出ません。しかしうつ病の症状が悪化すると、自殺願望が高まり、死に至る可能性があるため注意点は必ず守るようにしましょう。

プロザックの注意点について

プロザックを医師の容量を守り、服用をしているのに、副作用ばかり出て、うつ病の症状は一向に改善する兆しがない。
そんな状況が続くと、辛い副作用が出るプロザックを服用したくない。
飲まない方がまだ体調はマシだと感じてしまい、途中で勝手に服用を止めてしまう人がいます。

しかし、抗うつ剤は勝手に中断すると非常に危険な薬です。
もし体質に合わずに、他の抗うつ剤に変える時にも、徐々に処方する量を減薬して身体に支障がないように様子を見ながら中断する必要があります。
そのため絶対に副作用が辛くても、効果が実感出来なくても勝手に中断する事だけはしないで下さい。

医師との信頼関係を築く事が大切

うつ病になると、人と関わりを持つ事が面倒になり、どんどん孤立してしまいます。
そのため医師と会話をするのも面倒と感じてしまうかもしれません。
しかし、それは病気のせいでそのような状態になっているだけです。

そしてうつ病を治すためには、医師との信頼関係は欠かす事が出来ません。
うつ病や副作用のしんどさを医師に相談し、自分の体質に合う抗うつ剤を探していかなければいけません。
なのでどんなに憂鬱でも、うつ病を治したいという気持ちがあれば、医師とコミュニケーションを取る努力をして下さい。

関連する記事

ページ上に戻る