鬱でお悩みの方へ…良いお薬があります。

うつ病で悩んでいる方に「プロザック」という薬を紹介致します。 - プロザックとジュネリック医薬品の比較

プロザックとジュネリック医薬品の比較

プロザックはすでに薬が発売されてから特許期限が過ぎているので、ジェネリック医薬品が販売されています。ジェネリック医薬品とは、同一成分でありながら、価格は半額以下と非常に経済的な薬だと言えるでしょう。うつ病が発病すると、仕事を休職する事になったり、治療にお金がかかってしまうため、少しでも治療のお金の負担を減らしたいですよね。ではプロザックのジェネリック医薬品を紹介します。

プロザックのジュネリック医薬品

プロザックのジュネリック医薬品は、複数のメーカーから販売されていますが、フルニルやオキセチンなどが有名です。

フルニルは1錠(20?)で35円です。
1日1錠服用するため、1ヶ月で1050円の薬代となります。
国内では認可されていませんが、海外ではうつ病患者だけでなく、健康な人でもフルニルを服用する事で性格が明るく積極的になれると日常的に服用されるぐらい、安全性が確認されている薬です。

オキセチンの定価は1錠(20?)で30円です。
1日1錠服用するため、1ヶ月で900円の薬代なので、非常にリーズナブルな薬です。
オキセチンもまた日本では認可されていないため、購入は個人輸入という形になります。

ジェネリック医薬品の注意点

ジェネリック医薬品でも国の認可がされている薬であれば、病院処方の際に、ジェネリック医薬品へ変更して欲しいと医師に相談すれば、変更してくれるでしょう。
基本的に同一成分でほぼ同じ効果が得られるので、変更する事に使用はありません。

しかしながら先ほど紹介した2つのジェネリック医薬品はどちらも未認可です。
そのため自分で個人輸入して取り寄せる事は可能ですが、注意点は医師が処方した薬ではないという点です。薬は状態に合わせて飲む量を増やしたり、減らしたりする必要があります。
また症状が無事改善してきたら、飲むのを止めるわけですが、この止めるタイミングも難しいのです。

不完全な状態で飲むのを止めてしまったら、せっかく改善しつつあったうつ病が再発してしまう可能性もあるためです。

関連する記事

ページ上に戻る